teratotera

「人と人、街と街とをアートでつなぐ」 中央線沿線地域で展開するアートプロジェクト

途中下車の旅@吉祥寺 TERATOTERA SOUND FES.    公園のリズム 公園のメロディー

毎日多くの人がやってきてはまた去っていく井の頭恩賜公園。
TERATOTERAは、公園に集う人たちの心に流れるリズムとメロディーに新しい響きを付け加えられないかと、とある秋の日に、タップダンスのワークショップとライブパフォーマンスを企画しました。

TAPPERS RIOTによるタップダンスワークショップ
時おり小雨が舞う初秋の昼下がり、井の頭恩賜公園西園の林の中で、TAPPERS RIOTによるタップダンスのワークショップが行なわれました。緑が生い茂る公園内に、小さなお子さんから大人までの参加者が集まり、色とりどりのタップ板が並べられます。公園を行き交う人々がときどき興味深そうに様子をうかがう中、TAPPERS RIOT の指揮で一緒にリズムを踏みならしたり、自分たちで振付を作ったり。参加者の息も合ったところで、最後はアコーディオンやヴァイオリンなどの楽器演奏も加わり、息の合ったタップオーケストラを完成させました。
2013_SOUNDFES_02

2013_SOUNDFES_01

オオルタイチ+ウタモによる音楽ライブ
陽が徐々に傾きだしてから、オオルタイチ+ウタモのライブが始まりました。大きな木の下に設置された雨よけのキャンプ用テントがステージです。客席の上に広がる枝と葉がパラつく雨を遮ると、会場は洞窟のような空間に姿を変えます。そこにアコースティックギターとキーボードが奏でる心地良い音楽と、人間界のしがらみなど軽々と超えた自由な歌声が響き、私たちの心もどこか別の世界に連れ去られてしまうよう。集まってくださった、たくさんの音楽好きの若者や近隣住民の方も、雨音と歌声が作り出す今ここでしか味わえない音楽に酔いしれていました。(遠山尚江)
2013_SOUNDFES_03

2013_SOUNDFES_04

【TAPPERS RIOT】
熊谷和徳を主宰とするタップダンスカンパニー。KAZTAP STUDIO を拠点にタップダンスをアートとして捉え、サウンド、ステージをクリエイトしていく。現在は熊谷を除くメンバーだけでの活動も精力的におこなっており、個性派揃いのメンバーによるパフォーマンスはジャンル、世代を越え、高い評価を得ている。
ワークショップは全国30ヵ所を超える。2010年、一般公募の参加者とともに公演を行うプロジェクト『TAP the FUTURE』を開始、2011年『X’mas Dream of TAP』@ あうるすぽっとでは100名を超えるタップダンサーによるTAP オーケストラを実現した。

【オオルタイチ+ウタモ】
バンド・ウリチパン郡を経て、それぞれソロ活動も活発なオオルタイチとウタモによるエクスペリメンタルアコースティックデュオ。ライブではオリジナルからカバー曲までさまざまな歌ものを披露する。昨年キセルとの東北ツアーを機にihati EP(CD-R)を制作、また本EPに収録されている楽曲「Plant」は東日本大震災復興プロジェクトDIY HEARTS からも配信中。今年3月には兄弟ユニット・キセルとの共作「ともしび」などを発表した。目下フルアルバムを制作中。

開催概要

2013年9月8日(日)
時間:ワークショップ=14:00―16:00/ライブ=17:00―18:00
会場:井の頭恩賜公園内(西園と御殿山の間の林)
出演者:TAPPERS RIOT[ワークショップ]・オオルタイチ+ウタモ[ライブ]

井の頭恩賜公園(西園と御殿山の間の林)

日本, 〒180-0005 東京都武蔵野市御殿山1丁目19 吉祥寺通り

TERAKKO募集

TERATOTERAの活動をサポートするボランティアスタッフ「TERAKKO(テラッコ)」を随時募集しています。
アーティストの制作補助やインベントの当日運営に関わってみませんか?
年齢性別は、不問。お気軽にご参加ください。

ご応募はこちら