アートプロジェクトで789(なやむ)

アートプロジェクトで789(なやむ)

『アートプロジェクトで789(なやむ)』は、JR中央線の高円寺駅から国分寺駅周辺を舞台として様々なアートイベントを開催するアートプロジェクトTERATOTERA(テラトテラ)のチーフディレクターである小川希がホストとなり、アートプロジェクトの各分野で活躍する様々なゲストを迎えて開催する対談形式の連続トークショーです。現在、全国各地で開催されているアートプロジェクトが抱える諸問題をシェアーしながら、それらを一つずつ紐解いていきます。
本企画は2010年から3年間に渡り実施された基礎知識を学ぶ講座『アートプロジェクトの0123(オイッチニーサン)』と、そのアドバンス版として2013年に開講された受講生が企画から運営までを実践することで現場を学ぶ『アートプロジェクトを456(しこむ)』に続くもので、今年度は全5回の開催を予定しています。
第2回目は、2009年から2013年にわたり、国際的舞台芸術の祭典“フェスティバル/トーキョー”の初代プログラム・ディレクターを務めた相馬千秋さんを、高円寺のAMPcafeにお招きします。世界で活躍するアーティストが参加する国際展ならではの諸問題や困難とはいかなるものだったのか。またそうした経験を経て、今、相馬さんが新たに抱える悩みなど、「労働環境」「キャリア形成」といったキーワードをもとに議論を進めて行きます。

日時2014年8月31日(日) 13:00〜15:00
会場AMPcafe(東京都杉並区高円寺南4-30-1 カームステージ高円寺102)
第2回ゲスト相馬千秋
ホスト小川希(TERATOTERA チーフディレクター/Art Center Ongoing 代表)
定員先着40名(要事前申込)
参加費500円
予約方法件名に『TERATOTERA 789 第2回予約』として、参加人数、お名前、フリガナ、メールアドレス、当日連絡先(電話番号)をご記入の上、789@teratotera.jpよりお申し込みください。受け付け完了は、メールにてお知らせいたします。
  ※お預かりした個人情報は、主催者から今回のイベントのご案内のみに使用し、
 適切に管理します。
協力AMPcafe
相馬千秋 (c) Nobuyuki Kagamida
相馬千秋
(アートプロデューサー)

フェスティバル/トーキョーの初代プログラム・ディレクターとして全企画をディレクション(2009–2013)。横浜の舞台芸術拠点「急な坂スタジオ」設立およびディレクション(2006–2010)。2012年r:ead(レジデンス・東アジア・ダイアローグ)を立ち上げ、東アジアにおけるコミュニケーション・プラットフォームの創出に着手する一方、国内外の多数のプロジェクトのプロデュース、キュレーション、プログラム選考などを手掛けている。2012年より文化庁文化審議会文化政策部会委員。早稲田大学、リヨン第二大学大学院卒。
小川希
小川希
(TERATOTERA チーフディレクター/Art Center Ongoing 代表)

1976年東京生まれ。2003年東京大学大学院学際情報学府修士課程修了。2007年東京大学大学院学際情報学府博士課程単位取得退学。2002年から2006年にわたり、横浜のBankARTや東京の廃校を舞台とし、1970年代生まれの作家を対象とした公募展『Ongoing』を主催。2008年に東京・吉祥寺に、芸術複合施設『Art Center Ongoing』を設立し、現在同スペースの代表をつとめる。
【 アクセスマップ 】